2018.04.02

新旧スターが大集合。マスターズは
「優勝候補だらけ」で大変なことに

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 いよいよ今季メジャー初戦、マスターズ・トーナメント(4月5日~8日/ジョージア州、オーガスタ・ナショナルGC)が始まる。

 WGC(世界戦選手権シリーズ)デルマッチプレーを終えた時点で世界ランキング50位以内に入った選手、小平智、チェズ・リービー(アメリカ)ら4人を加えて、現在の出場予定選手は87名。これから出場資格を得られるのは、直前のヒューストンオープン(3月29日~4月1日/テキサス州)の優勝者だけとなり、1997年大会に次ぐ少ない出場者数となりそうだ。

 ともあれ、今年のマスターズは例年にも増して話題満載だ。開幕が近づくにつれて、トーナメントへの関心が日に日に高まっている。そこで、優勝候補を含めて、注目すべきポイントを整理しておきたい。

 まず、ここに来て優勝候補に急浮上してきた選手がいる。デルマッチプレーで今季2勝目を挙げたバッバ・ワトソン(アメリカ)だ。

 2012年、2014年と、マスターズでは2度の優勝を果たしているワトソン。持ち前の飛距離と、グリーンを攻める独創性のあるショットによって、そもそもオーガスタ・ナショナルGCを得意としている。復調した今、3度目の優勝があってもおかしくはない。

 これまで、マスターズで3勝以上しているのは、ジャック・ニクラウス(アメリカ)、アーノルド・パーマー(アメリカ)、サム・スニード(アメリカ)、タイガー・ウッズ(アメリカ)、フィル・ミケルソン(アメリカ)など8人。そうそうたる名前が並ぶこのエリートメンバーの中に、はたしてワトソンは加わることができるだろうか。