2018.04.05

7度目のマスターズに挑む松山英樹。
「気づきの邪念」を振り払えるか

  • 三田村昌鳳●取材・文 text by Mitamura Shoho
  • photo by Getty Images

「誰もが『勝ちたい』と、強く思ってここにやって来ている。もちろん、僕もそのひとりですが」と、松山英樹は言った。

 まもなく開幕するマスターズ(4月5日~8日/ジョージア州)。松山は今年で7回目の出場(過去にアマ時代2回。プロ転向後4回)となり、その情熱は一層強くなっている。

入念に練習ラウンドを消化し、いよいよマスターズに挑む松山英樹 松山は今季、ウェイストマネジメント・フェニックスオープン(2月)のプレー中に左手の親指付け根を痛めて、2日目のラウンド前に棄権。以後6週間、米ツアーを欠場して治療に専念した。そして、3月のアーノルド・パーマー招待で復帰してのマスターズ挑戦である。

 松山は相変わらず、記者たちの囲み取材では悲観的な言葉が見え隠れしている。しかしどうして、心の中では勝利への執念が一段と高まっている気がする。

「先週から、ここで練習ラウンドをしていますけど、だんだん調子が悪くなっている感じがする」

 そう話す感覚は、このオーガスタ・ナショナルGCで、本戦だけで22ラウンド、練習ラウンドを入れれば40ラウンド近くプレーし、コースを熟知している選手でしか理解できない”気づきの邪念”だと思う。

 そうして、テレビインタビューではこう語っていた。

「なかなか最近は、自分の思いどおりにできないプレーが続いているので不安があるけれど、しっかりと自分のいい状態で挑めれば、チャンスはあると思う」