2018.04.07

松山英樹のマスターズは、忍耐の2日間。
爆発する瞬間はきっとくる!

  • 三田村昌鳳●取材・文 text by Mitamura Shoho
  • photo by Getty Images

 今季メジャー初戦のマスターズ。松山英樹は2日目を終えて通算イーブンパー、18位タイで大会を折り返した。

粘り強いゴルフで決勝ラウンドに駒を進めた松山英樹 首位に立ったのは、パトリック・リード(アメリカ)だった。通算9アンダー。2打差の7アンダーで続くのが、マーク・レイシュマン(オーストラリア)。

 さらに、5アンダーの3位がヘンリク・ステンソン(スウェーデン)。そして、4アンダーの4位タイにはロリー・マキロイ(北アイルランド)、ジョーダン・スピース(アメリカ)が続く。

 リードが、このまま残り2日間を突っ走れるとは、誰も思っていない。マスターズでは、何が起こるかわからないからだ。日々、波乱に満ちたゲーム展開が繰り広げられるのが、マスターズである。

「あと2日間、上位は走っているようですけど、5、4アンダーにスピースやマキロイがいますからね(そこまで追いつきたい)」という、松山の言葉にもその思いが表れている。

 松山ばかりでなく、誰もがゲームの中軸となってかき回すのは、やはりこの2人だと思っている。スピースとマキロイ――彼らが3日目にどう動くかで、ゲームの流れの先行きが見えてくる。

 そこを見据えることができ、しかもひとつ噛み合えば、1日で5、6アンダーもあり得るだけの技量が備わっているのが、今の松山だ。