2018.01.30

松山英樹が「怖い」と言った暴れん坊、
ジョン・ラームが世界2位に

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 ジョン・ラーム(スペイン)が、キャリアビルダー・チャレンジ(1月18日~21日/カリフォルニア州)で今季ツアー初優勝を飾った。

 米PGAツアーでは昨年のファーマーズ・インシュアランス・オープンで初勝利を挙げて以来、通算2勝目。今年の同大会(1月25日~28日/カリフォルニア州)にはディフェンディングチャンピオンとして、最高の形で迎えていた(結果は29位タイ)。

今季、メジャー制覇が期待されるジョン・ラーム(左)と松山英樹

 まだ23歳と若いラームだが、今季は年明け初戦のセントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ(1月4日~7日/ハワイ州)を2位でフィニッシュ。そして、先週のキャリアビルダー・チャレンジで優勝したことによって、世界ランキングは2位に浮上した。

 ラームの活躍はPGAツアーだけにとどまらず、昨季は欧州ツアーでも2勝をマークしている。7月にロリー・マキロイ(北アイルランド)のファウンデーションが主催するアイリッシュ・オープンで欧州ツアー初勝利を挙げると、11月のツアー最終戦、ドバイで開催されたDPワールド・ツアー選手権を制覇。欧州ツアー2勝目もビッグタイトルで飾り、今まさに乗りに乗っている選手だ。

 ラームは、スペイン・バスク地方のバリカという美しい街で生まれた。大学進学で渡米を決めると、フィル・ミケルソン(アメリカ)、ポール・ケーシー(アメリカ)らの出身校である名門アリゾナ州立大へと進学。同大に在籍中、カレッジゴルフでは通算11勝を挙げた。

 その間、世界アマチュアランキング1位となり、60週間その座に就いていた。それは、パトリック・カントレー(アメリカ)の55週間を抜いて、同ランキング導入後の史上最長記録となる。

 そうした状況のなか、ラームは2016年、オークモントCCで開催された全米オープンのあと、プロに転向した。つまり、ラームはプロになってまだ2年にも満たない”新星”という身でありながら、世界2位へと到達したことになる。