2014.03.12

「ツイッターはやらない」松山英樹が振り返る米ツアー序盤戦

  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reikotext by Sportiva
  • photo by Getty Images

 松山英樹が3月6日(9日まで)から行なわれた世界選手権シリーズ(WGC)のキャデラック選手権(フロリダ州)に出場。前週のホンダクラシックでは左手首に違和感を覚えて2日目に途中棄権したが、今大会は「(左手首は)大丈夫」と言って、痛みを表に出すことなく奮闘。最終的にアンダーパー3人という難コースに苦戦しながらも、通算6オーバー34位タイでフィニッシュした。

「コースがタフで本当に難しいな、という感じがしました。最終日はとにかくパターが入りませんでした。距離感はよかったと思うんですが、まだまだ磨いていかないとダメですね。4日間通してみると、(パッティングで)10打くらい損しているのかな、と思います。今はショット、アプローチを重点的に練習してきているので、パットの練習がおろそかになっていた。それが、原因だと思います」

キャデラック選手権ではタフなコース設定に苦しんだ松山英樹。 とはいえ、松山は今大会でもさまざまなことを体験し、収穫を得た。第2ラウンドでは前半のハーフで40を叩くなど崩れたが、厳しい風の中でラウンドできたことは大きかったという。

「(6位タイの結果を残した)昨年の全英オープンは風がなかった。風が吹いていたら、もっと面白かったと思うけど。その分、こういう強い風の中でゴルフをしてみたかった。それが今回、経験できてよかったし、楽しかった。(強風の中で)どういう球が出るのか、グリーン周りもそうだし、それを体感できた。それに、これだけ強い風の中で、グリーン上でどれくらいの影響を受けるか、というのも知ることができた。こういうタフなコンディションのコースに来ると、自分に足りないものをすごく痛感させられるけど、これからの課題がいろいろと見つかりました。また、こうした厳しい条件の中で、トッププレイヤーがどんなプレイをするのか知りたかった。結構、トッププロも苦労するんだな、というのがわかったのでよかった」