2014.03.19

【ゴルフ】斉藤愛璃の逆襲宣言「私、『隠れ』負けず嫌いなんです」

  • 野崎 晃●文 text by Nozaki Akira
  • スポニチ/Getty Images●写真

 女子ツアーに”愛璃スマイル”が戻ってきた。

シード権を失った今季、反撃を期す斉藤愛璃。 今季開幕戦のダイキンオーキッドレディス(3月7日~9日/沖縄県)で、斉藤愛璃が奮闘。一昨年の同大会で優勝して一躍脚光を浴びて以来、久しぶりに優勝争いに加わって2位タイでフィニッシュした。さらに、第2戦のヨコハマタイヤPRGRレディス(3月14日~16日/高知県)でも、最終的には32位タイに終わったものの、2日目を終えた時点では8位タイと上位争いを演じた。まだ2戦消化したばかりだが、賞金ランキングは4位タイ。プレイ中に笑顔を見せるシーンが多くなり、明るさが戻った斉藤の表情からは、真の”ヒロイン”としての飛躍を予感させた。

 斉藤のひとつひとつの言葉からも、自信があふれていた。

「昨年の開幕戦(予選落ち)は、ディフェンディングチャンピオンということで、(周囲に)期待されている分、自分にプレッシャーをかけてしまった。今年は、そういう期待や重圧もないので、守りに入ったプレイをしても仕方がないですし、思い切って自分のゴルフをしようと思っていました。それが、良かったかもしれません。ただ、2位という結果は良かったと思いますが、(勝てなかったことは)とても悔しかったです」

 振り返れば2年前の2012年は、斉藤にとって、初めて本格的にツアーに挑むシーズンだった。実質”新人”という立場にありながら、開幕戦のダイキンオーキッドレディスでいきなり優勝。端麗な容姿も相まって「ニューヒロイン」として一気に注目を集めることなった。今にして思えば、それが彼女にとっては不運だったのかもしれない。