FC岐阜サポーターが無償で作成。
横断幕が繋いだALS患者との絆

  • 恩田聖敬●文 text by Onda Satoshi

 自分で頼んでおきながら、その大きさと完成度に圧倒されました。本当に素晴らしいものを作って頂きました。そして私の話を聞いたアカデミーの選手たちが横断幕を持ってくれたことは、色々な意味で感無量でした。

 今年6月に予定されている岐阜県支部の患者交流会でひとりでも多くの患者を集めて、「これはFC岐阜のサポーターたちが作ってくれたんだ!」と伝えて、誇らしく掲げたいと思います。

 FC岐阜の社長を離れて4年の歳月が経過しましたが、FC岐阜のサポーターは変わらず私を『仲間』だと思ってくれています。本当に有り難いことです。

 スタジアムにはさまざまな障害をお持ちの方が、試合を楽しみにして苦労しながらも足を運んでいます。FC岐阜に関わらず、サッカーに関わらず、スポーツを通じて障害者と健常者の絆が築かれることを切に願います。まさに東京オリンピック・パラリンピックはそんな機会であって欲しいと思います。

東京2020岐阜県聖火ランナー
日本ALS協会岐阜県支部支部長
FC岐阜サポーター
恩田聖敬

5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る