2020.02.27

古橋亨梧「プロ入りを諦める」から飛躍。
ビジャから盗んだプレーを生かす

  • 高村美砂●取材・文 text by Takamura Misa
  • photo by SportsPressJP/AFLO

ヴィッセル神戸インタビュー特集(2)
FW古橋亨梧

 ヴィッセル神戸のFW古橋亨梧にとって、昨シーズンは大きな飛躍の年になった。

 初めて1シーズンを通して戦ったJ1では、チームで2番目となる31試合に出場し、FWダビド・ビジャに次ぐ、10得点をマーク。しかも、11月には日本代表に初選出される。サッカー人生で初めてつけた日の丸だった。

今季J1開幕戦でもゴールを決めた古橋亨梧 そんな古橋のことを、チームを率いるトルステン・フィンク監督は、「小柄な体に秘めた強いメンタリティは、どんな時も諦めることを知らない。並外れた度胸の持ち主」だと賞賛する。シーズン中、肩を痛めても、膝を痛めても、彼から返ってくるのは、いつも同じ答えだった、と。

「大丈夫、いけます」

 元日の天皇杯決勝も然りだ。

 実は、準決勝で左膝の靭帯を痛める大ケガを負い、全治1カ月と診断されたにもかかわらず、彼は約10日後の決勝に、強行で先発出場。初タイトルの瞬間をピッチで迎えている。

 のちに理由を尋ねると、サラリと言ってのけた。

「どうしても(試合に)出たかった。出て、チームの力になりたかった。ただ、それだけです」

 そして、こうも続けた。