北朝鮮から勝ち点3。日本は「無様なサッカー」を自覚して戦った

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki photo by Getty Images

 もちろん、MF中島翔哉が「勝つだけがサッカーじゃないと思っている。いいサッカーをして勝たないと、次が苦しくなる」語っていたように、こんな内容の試合を続けていて最後まで勝ち上がれるほど、アジア最終予選は甘くない。

 それでも、何も成し遂げた経験がなく、恐らくそれなりの緊張と不安を抱えて初戦を迎えたであろうチームにとって、この勝利は今後に落ち着きと余裕を与えてくれるに違いない。最終予選を勝ち上がるなかにひとつくらい、こんな試合があってもいい。

 幸いにして、日本-北朝鮮の後に行なわれたサウジアラビア-タイが1-1の引き分けに終わったことで、日本は次戦でタイに勝てば、その時点で決勝トーナメント進出が決まる。何やら風は日本に向かって吹き始めている。

 リオ行きがかかった最終予選の大事な初戦。いい試合はできなかった。だが、大きな試合をものにした。


5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る