ドラフト1位が30歳で戦力外。
片山博視が諦めずに語っていたこと

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • 西田泰輔●写真 photo by Nishida Taisuke

 今後については「どうするかを考えながら、練習は続けていきます」と語るにとどめたが、現役続行の意志は揺るぎない。

 トミー・ジョンを受けた投手は、手術前に比べて球が速くなるということが定説になりつつある。そこに野手を経験したことで打者心理もわかるようになった。さらに、リハビリを兼ねてバッティング投手を務めていると、リリースが安定し、ボールのばらつきもなくなった。あとは左ヒジのコンディションの不安が消え、真っすぐがどこまで上がってくるか。

「ピッチャーとして今日この場に立てたことで、またこういう世界に帰ってくるチャンスもあると思う。まだまだあきらめる歳でもないですし、(リハビリ、トレーニングを)続けていけばもっとよくなる感覚もあります」

 30歳の手術経験者。片山の言う「こういう世界」がNPBを指していたのだとすれば、現実は限りなく厳しいと言わざるを得ない。しかし、「あきらめる歳でもない」とふっ切れた表情で語るその姿からは、そうした悲壮感はまったく感じられなかった。そもそも今年3月、手術に踏み切ったのは、再びマウンドに戻り、その先を思い描いていたからにほかならない。

 ひと冬越え、片山がどんなボールを投げるのか。"淡路の怪物"の覚醒を心から願っている。

◆「何が足りなかったのか」トライアウトに現れた元ドラフト1位たちのプロ人生>>

◆早すぎたトライアウト。「高卒プロ入り→戦力外」の道に後悔はなかったか>>

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る