2017.12.29

日本ハム・谷口雄也の「きゅん」となる
リハビリ報告。今は視界良好です

  • 寺崎江月●文・写真 text & photo by Terasaki Egetsu

 年末商戦たけなわで「大売り出し」「歳末セール!」の派手なノボリが林立し、都会の街角が行き交う人々で賑わう12月下旬。そんな華やかさとはまったく無縁の千葉県・鎌ヶ谷スタジアムで、真冬の寒空のもと、黙々と練習に励む選手がいた。

 谷口雄也、25歳──。

 2011年の入団以来、北海道日本ハムファイターズの次代を担う俊足巧打の外野手として順調にキャリアを重ね、また、類いまれなるキュートなルックスで「谷口きゅん」「かわいすぎるスラッガー」として幅広いファンの人気も集めてきた。

 しかし、今季は3月に右膝前十字じん帯再建手術を決断。以降はリハビリに専念することになり、一軍出場はゼロに終わった。折しも、ファイターズでは大谷翔平のメジャーリーグ挑戦、ゴールデンルーキー清宮幸太郎の入団など華やかな話題が相次いだ。そんななか、谷口はいま、どのような状況にあるのか。本人に話を聞いてきた。

無念のシーズンを率直に振り返ってくれた谷口雄也

──2017年は、ご本人にとってもファンにとっても悔しい1年となってしまいました。ズバリ、今年を漢字一文字で表現してください。

谷口 えっ。ちょっと待ってくださいね。それは想定していませんでした(笑)。うーん、なんだろう?

──大丈夫です。待ちます。決まりましたら声をかけてください。

(数分後……)

谷口 決まりました!「耐」です。