2015.03.23

開幕直前。外国人投手たちの嘆き「日本のマウンドは××だ」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

外国人だってツライよ!~野球編

 ヤクルトの沖縄・浦添キャンプでのこと。マウンドには新外国人のオンドルセクが立っていた。この日は、来日初となるフリー打撃に登板。首脳陣が見守る中、203センチの長身から角度のあるボールを投げ込むが、何球かはホームベース手前でワンバウンドした。オンドルセクはボールケースに入ったボールを取り上げ、指にはさみ、何度か手首を返して、そして苦笑いを浮かべた。

セットアッパーとして活躍するロッテのカルロス・ロサ

―― やはり、アメリカと日本のボールは違いますか?

「日本のボールはベタついていて、引っ掛かりやすい。今日、何球かスプリットを投げたが、思うようにコントロールできず、ワンバウンドになってしまった。ブルペンでは気にならなかったけど、初めてマウンドに立って気づきました。これからは日本のボールへのアジャストが課題ですね」

 これまで日米間のボールやマウンドの違いについて、日本人投手に話を聞くことはあっても、外国人投手に聞くことはなかった。実際、日本でプレイする外国人投手たちはどんな感想を持っているのだろうか。何人かの投手に聞いてみた。

カルロス・ロサ(ロッテ/来日5年目)

「ボールの違いは確かにある。向こう(アメリカ)ではツーシームを多く投げていたんだけど、日本のボールだとあまり変化しません。なので、日本ではほとんどツーシームを投げていません。最初に日本のボールを触った時は、形もちょっと違う感じがしました。あと、ボールの取り扱い方が違う。日本は新品のボールを使いたがる傾向があります。メジャーは一度、土でこねたものを使用しているので、感触が全然違う。キャッチャーが気を使って、よくボールを交換してくれますが、正直、あまり嬉しくありません」