開幕直前。外国人投手たちの嘆き「日本のマウンドは××だ」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

―― ボールについてですが、「ベタつく」とか「滑る」というのは微妙な違いなのですか?

「プロの選手でなくても、触ればわかると思います。人間でいえば、おじいちゃんの肌と、赤ちゃんの肌の違いがあります」

―― ロサ投手(ロッテ)は、「日本は新品のボールばかり使う」と言っていました。

「ちょっと土がついていたり、傷がついていたりする方が変化しますからね(笑)。日本のピッチャーもちょっと土がついているボールの方が投げやすいと思いますよ。僕も現役時代はそうでしたし、何人もの投手から聞いたことがあります。だから、ボールの交換は自分で決めたいと思っているピッチャーがほとんどだと思います。日本人のキャッチャーは気を使いすぎですね(笑)」

 外国人投手たちは、これまでと大きく違う環境と向き合い、マウンドに立っている。新たな環境に慣れる難しさは、日本人メジャーだけでない。そのことを忘れずに、彼らのピッチングを見ていきたいと強く思うのだった。


外国人だってツライよ!~生活編>

5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る