大阪桐蔭「藤浪世代」主将の今 会社員を辞め野球の塾長と経営者の二足のわらじ「高校の時は輝いていたのに...と思われるのは絶対に嫌」 (2ページ目)

  • 谷上史朗●文 text by Tamigami Shiro

「メジャー挑戦を聞いた時は、絶対にそっちのほうが合っていると思いました。活躍するかどうかはわからないけど、野球より前に性格的なところでアメリカのほうが合うと思ったんです。いろんな意味でアバウトなところもそうですけど、たとえば建前的なことが嫌いで、周りの目を気にしない。日本的なものの考え方より、完全に海外向きだと思っていました。だから、余計に期待するんです」

 シーズン序盤の藤浪の苦戦を振り返ったあと、高校時代の思い出話になった。

「3年の頃は、寮で森島(貴文)と藤浪の3人部屋だったんです。その頃の印象がずっと残っていて、今も藤浪と言えば、まず部屋が散らかっている、次に朝がめちゃくちゃ弱い、そして3番目にボールが速い(笑)。イメージはこの3つです」

 阪神時代後半から苦しんでいた制球難についても、同級生ならではの見解で笑い飛ばした。

「コントロールが悪くなったというより、もともとなんです。同級生はみんな、コントロールがどうこうって騒がれ始めた時から思っていたはずですよ。『高校時代からや!』って。3年春のセンバツ前の紅白戦で、小池(裕也)の顔面に当てたのを覚えています? 小池の顔がパンパンに腫れて、即病院行き。『絶対に骨折してるな』って言ってたら、何事もなかったように帰ってきて、『おかしいやろ!』ってみんなから突っ込まれたという"事件"ですけど、藤浪が当てること自体は驚きがなかった。

 だから、本人もビビってないんじゃないですか。もともとコントロールがよかったヤツが急に悪くなったわけじゃなくて、もとからアバウトだったんで。甲子園で荒れることがなかったから、見ている人はその印象がないでしょうが、自分たちは荒れる藤浪を知っていますから」

 たっぷりいじった最後には、海の向こうで奮闘する我らがエースへ、もう一度期待を込めた。

「自分たちの世代は、最初は"藤浪世代"って言われていたのが、いつからか"大谷世代"に代わった。これがまた"藤浪世代"って言われるくらいの活躍をしてほしいですね。速いボールを投げる能力なら今でも大谷よりも上だと思いますし、あいつが力を出し切ったらピッチャーとしての大谷にも負けないレベルまでいく可能性はあるはず。そう言いながら、全然そのレベルまでいかずに終わる可能性があるのが藤浪ですけど(笑)。ここからまた勝負っすよね。あいつが活躍してくれたら、自分たちもまた頑張れますから」

2 / 5

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る