2021.09.23

今季の大学駅伝で注目のランナー10人。駒澤大の田澤廉、青学大の「新エース」などの状態は?

  • 酒井政人●文 text by Sakai Masato
  • photo by Kyodo News、AFLO SPORTS

 まもなく、大学駅伝シーズンが開幕する。10月10日の出雲駅伝、11月7日の全日本大学駅伝、来年1月2、3日の箱根駅伝。熱いドラマを盛り上げるキーパーソンは誰なのか。注目すべき10人のランナーをピックアップして紹介する。

***

この記事に関連する写真を見る 田澤廉
(たざわ・れん/駒澤大/3年)

 大学1年時からチームの主軸として活躍。ルーキーイヤーは出雲3区で区間2位(区間新)、全日本7区で区間賞、箱根3区で区間3位という成績を残した。昨季は全日本の最終8区で区間賞。東海大、青学大とのアンカー決戦を制して、6年ぶりの日本一をもたらしている。

 昨年12月の日本選手権10000mで8位(27分46秒09)と健闘するも、そのダメージが箱根に影響。2区で区間7位と不満の残る走りになったが、7人抜きを演じて13年ぶりの総合優勝に貢献した。今季は5月の日本選手権10000mで日本人学生歴代2位の27分39秒21をマークして2位に入るなど、さらにパワーアップ。「学生長距離界のエース」と呼ばれる男がチーム悲願の駅伝3冠を実現させる。