2017.03.26

【月報・青学陸上部】山の神からの伝言。
「4連覇へ向け、食事の改善を」

  • 佐藤 俊●文・写真 text & photo by Sato Shun

極私的! 月報・青学陸上部 第32回

前回の記事はこちら>>

 3月上旬、箱根駅伝のコース途中にある湘南 蔦屋書店に中野ジェームズ修一と高木聖也、神野大地、安藤悠哉、小関一輝ら歴代のキャプンテンとマネージャーが集結した。

「青トレ」のトークがメインだが、イベント会場は満員。「青トレ」への関心の高さと青学陸上部の人気に驚かされるばかりだ。

左から高木聖也元マネージャー、神野大地、中野ジェームズ修一、安藤悠哉、小関一輝前マネージャー つい2ヵ月半前、箱根でアンカーを走った安藤とマネージャーの小関は引退し、退寮した。いろいろなことがあった4年間だろうが、その”青学時代”について、彼らと元キャプテンの神野に話をしてもらった。

  *     *     *

 陸上部は1月28日、卒寮式(お別れ会)を終えた。

 例年は卒業式前の3月末に行なわれていたが、今年は合宿の日程と重なるので前倒しされることになった。

 会場は寮の食堂で、卒業する4年生には在校生から寄せ書きされたTシャツが手渡される。昨年の夏合宿の時に使用したTシャツに原晋監督、美穂夫人、在校生やスタッフなど全員が1枚1枚丁寧に想いを書いていく。その特別なギフトは4年生と仲が良く、関わりが深い在校生が手渡すことが通例になっている。
 
 今回、一色恭志は中村祐紀から、小関はマネージャー(主務)を引き継いだ伊藤雅和から受け取った。4年生の最後の言葉に感極まる選手もいるし、逆に4年生が笑いでみんなを沸かすシーンもあった。原監督からは「まとまりのあるいい学年だった。ありがとう」とねぎらいと感謝の言葉が述べられたという。