鍵山優真が過去最低順位で味わった悔しさ。それでも「全日本に出たことに関して後悔はない」 (3ページ目)

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

【来季は初戦から他の選手と競えるように】

 今回の試合では、新しいプログラムが、ジャッジにどう評価されるかを確かめる目的もあった。数字を見てみれば、演技構成点も技術点も昨季より劣る部分が多かった。だからこそ、今後、技術を取り戻すだけではなく、さらにプログラムを仕上げていく必要性も感じたという。

「今回、プログラムも本当に難しいなと思いながら滑っていたし、振付師の意図に添えないようなプログラムになってしまったので、すごく悔しいですね。完全な状態でやらなければいけないなと。

 ただ、全日本に出たことに関して後悔はないし、むしろ前向きな気持ちで臨めていた。だからこそ早くケガを治して、来シーズンは初戦から他の選手たちとも競えるくらいにレベルアップしていかなくてはいけないなと思いました」

 自分が万全な状態ではないなかでは、他の選手の動向や調子が気になり、自分が取り残されるのではないかという不安も感じてしまうのだろう。

 鍵山が全日本に出場したのは、競技会の空気感を味わい、みんなと一緒にいることを確かめたかったという面もあるだろう。そこで、自身の現状を明確に受け入れ、やるべきことも見えた。

 過去4回出場していた全日本選手権は、3位が3回と6位が1回。今回の8位という順位は、鍵山の心に火をつけた。

【著者プロフィール】
折山淑美 おりやま・としみ 
スポーツジャーナリスト。1953年、長野県生まれ。1992年のバルセロナ大会から五輪取材を始め、これまでに夏季・冬季合わせて16回の大会をリポートした。フィギュアスケート取材は1994年リレハンメル五輪からスタートし、2010年代はシニアデビュー後の羽生結弦の歩みを丹念に追っている。

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る