2020.10.12

本田望結、二刀流の挑戦は続く。取材対応で見せたアスリートとしての顔

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 藤田孝夫●写真 photo by Fujita Takao

関連記事>>「本田紗来、ジュニアデビュー。涙を堪えて...」

 10月9日、フィギュアスケート東京選手権。ショート・プログラム(SP)が終わった後、リモート会見に出た本田望結(16歳、プリンスホテル)は、取材者一人一人と対話するかのようだった。柔らかな表情で気さくに応対し、聞こえているかどうかを気遣い、聞こえていなかったら言い直し、質問者の名前を確認し、質問ありますか、と自らが手を挙げた。その手厚さは、演じているわけではないだろう。 

東京選手権SPの演技をする本田望結  人との関わり方において、明朗で誠実なのだ。

 それはスケートとの向き合い方にもつながる。

 昨年11月の西日本ジュニア選手権で、本田は全日本に進むことができなかった。憔悴(しょうすい)し、悔しさをにじませていた。しかし、取材エリアでは毅然と自らのスケーティングを分析、説明。その態度は真摯で、何よりプロフェッショナルだった。その後、彼女は隅にある長椅子に座り、スケート道具を丁寧に拭いて磨き、大事にしまっていた。それは次の戦いへ向けた準備だった。

 東京選手権、そのシニアデビューを振り返るーー。

 SPの6分間練習、本田の動きは悪くなかった。ダブルアクセルが決まって、やや硬かった表情も和らぐ。手をぶらぶらとさせ、緊張を解いた。リンクを去るときは、振り返って軽く一礼。その実直さが、本田らしい。