2022.07.06

「ラクに金を稼げる場所」だったVリーグに、世界トップクラスの外国人選手が集まる理由

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari

 現在のVリーグ男子(V.LEAGUE DIVISION1MEN)には、世界最高レベルの選手が複数プレーしている。しかも、現役バリバリの選手、もしくはキャリア全盛で来日してから長くプレーしている選手ばかりだ。

 2021-22シーズンにリーグ2連覇を成し遂げたサントリーサンバーズでは、ロシア代表のドミトリー・ムセルスキー(33歳)が主砲として活躍している。ムセルスキーは身長218cmとバレー界でも長身の選手だが、大きな選手にありがちなもっさりした動きはなく、レシーブも献身的に上げる。人柄は温厚で、感情的になったチームメイトたちを笑顔でなだめることも少なくない。

ロシア代表で、サントリーの主軸として活躍するムセルスキー photo by 黒羽白ロシア代表で、サントリーの主軸として活躍するムセルスキー photo by 黒羽白 この記事に関連する写真を見る  2012年のロンドン五輪では、金メダルを獲得したロシアの主軸として活躍。決勝ではブラジルに2セットを連取されたが、そこでロシアのウラジミール・アレクノ監督が講じた策は見ているすべての人を驚かせた。ミドルブロッカーとしてプレーしていたムセルスキーを、第3セットからオポジットとしてコンバート。まったくデータがない起用にブラジルの守備はボロボロになり、ロシアが大逆転で勝利した。

 2018年に日本に来るまではロシアリーグでプレーしており、初めての海外がVリーグ。来日した際には、日本を選んだ理由を次のように語った。

「ロシアのことは『知り尽くした』と思っています。ロシア人選手への対策も十分に習得しました。そこからさらに成長するためには、違うところでプレーする必要があると感じていたんです。そんな時に日本代表の試合を見て、『いい選手が出てきているな』とも思いましたし、まったく環境が違う日本でなら今までと違う見方、情報を得ることができるのではないかと考えました。(バレー漫画の)『ハイキュー‼』を生み出した国だということも、私の日本行きをあと押ししたかもしれませんね(笑)」