2015.10.02

【ラグビーW杯】キーマン五郎丸歩「サモア戦は『組織』で勝負します」

  • 松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu  齋藤 龍太郎●写真 photo by Saito Ryutaro

 もう絶対に負けられない。ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会で、南アフリカから歴史的な勝利を挙げた1次リーグB組の日本代表は、3日午後2時半(日本時間同日午後10時半)から、英国ミルトンキーンズでパワフルなサモアと第3戦を戦う。目標の決勝トーナメント進出(ベスト8)を果たすためには、勝利が至上命令となる。

 日本は目下、南アフリカに勝ちながらも1勝1敗の勝ち点4でサモアと並んでいる。同組1位が2勝のスコットランドで勝ち点10、2位は1勝1敗の南アで勝ち点7となっている。いずれもボーナスポイントを生かした結果で、日本が残り2戦を連勝しても、決勝トーナメントに進出する5チーム中上位2チームに入れない可能性もあるが、人気急上昇のフルバック(FB)五郎丸歩(ヤマハ発動機)は言う。

「我々はあくまでチャレンジャー。まだ(ボーナスポイントを)計算するレベルではないですね。他チームのことや、先のことを考えずに、勝つことが一番大事だし、チーム全員がそう思っています。(サモアに)勝たないことには何も始まらない」

目標のベスト8へ! サモア戦に向けて調整する五郎丸歩

 第2戦のスコットランド戦ではラスト20分、ディフェンスの連係、ブレイクダウン(タックル後のボール争奪戦)での精度が落ちて大敗した。だが、中9日で心身ともにリフレッシュはなされた。ディフェンスも、アタックも、個のサモアに対し、「全部組織で勝負ですね」と、五郎丸は強調した。