2017.11.23

石川佳純、ふつうに中国強豪に勝てる。
「前と違う自信がついてきた」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko 千葉格/アフロ●写真 photo by Itaru Chiba/AFLO

「もちろん勝つためにやるんですけど、今年は3年後に向けていろいろと挑戦していこうというイメージでした。負けたらすごく悔しいんですけど、でも、例えば今年の1月に全日本で負けたこととかが、すごく自分にとっていいきっかけになっている。でも、この敗戦が2020年だったら『あー、どうしよう』となっていると思う。なんか勉強になりました(笑)」

2大会連続で準決勝進出。ドイツでファンにサインをする石川佳純 11月13日から19日まで、ストックホルムで行なわれた卓球ワールドツアーレギュラー(国際卓球連盟が通年で主催するツアー全23試合のうち、「プラチナ」に次ぐ2番目のカテゴリー)スウェーデンオープンで、石川佳純はシングルスで準決勝に進出した。中国人選手2人に勝利した後、準決勝でリオ五輪、世界選手権(ドイツ)の金メダリスト、丁寧(中国)と対戦。ストレートで敗れたものの、9-11、9-11、8-11、6-11と、スコア的には善戦した。

 その1週間前に行なわれたワールドツアープラチナ最終戦ドイツオープンでも、石川は準決勝に進出している。準決勝で朱雨玲(中国)に敗れたが、「1回戦で勝つことが目標でした。今年は1回戦で中国人選手と当たって負けちゃうことが多かったので、まず1回戦を決勝戦だと思って、あとは1戦1戦って」と、この大会を振り返った。準々決勝では同じく中国の強敵、武楊に勝利しており「中国人選手にも勝ったし、まあ70点くらいかな」と、笑顔を見せる。