2017.11.15

17歳「みうひな」が初ペアで初優勝。
卓球若手はコンビも自由自在に

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko 千葉格/アフロ●写真 photo by Itaru Chiba/AFLO

 卓球ワールドツアープラチナ最終戦のドイツオープンで、日本勢はダブルスで男女そろって決勝に進出した。女子の平野美宇・早田ひな組は台湾の陳思羽・鄭怡静組に3-0で快勝して優勝。男子の張本智和・木造勇人組は韓国の鄭栄植・李尚洙組に2-3で逆転負けし、準優勝に終わった。

ドイツオープンで優勝し、笑顔でVサインの平野美宇(左)と早田ひな ワールドツアープラチナとは、国際卓球連盟(ITTF)が主催する通年で行なわれるツアー(今年は全23試合)のうちの最上位の大会。世界中を転戦して年間6戦(2017年はカタール、日本、中国、オーストラリア、オーストリア、ドイツ)が行なわれる。ツアーで獲得した合計ポイントの上位者は12月に行なわれるグランドファイナルに出場できるため、ドイツオープンには各国の主力級が集まった。

 そんな激戦のなかで、ともに2000年生まれの平野、早田の17歳コンビは、息の合ったプレーで快進撃を見せた。この2人は今大会のために組まれた急造ペアだけに、勝利の喜びは少なからず驚きが入り混じったものだった。試合後、関係者への挨拶に会場内を走り回った後、ミックスゾーンに現れた2人は、先ほどまで決勝を戦っていたとは思えない、可愛らしい笑顔を見せてくれた。