2015.10.27

【NBA】昨季覇者ウォリアーズをしのぐ「大本命」はこのチームだ!

  • 水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro  photo by Getty Images

 昨シーズンのリーグ覇者――ゴールデンステート・ウォリアーズを筆頭に、強豪がひしめくウェスタン・カンファレンス。ウォリアーズのNBA連覇にストップをかけるチームは現れるのか? 10月27日(日本時間10月28日)に開幕する2015−2016シーズンの注目ポイントを紹介する。

ウォリアーズを牽引するステファン・カリー(左)とクレイ・トンプソン(右)2015-2016年シーズン展望@ウェスタン・カンファレンス編

「イースタン・カンファレンス編」はこちら>>>

 近年の東西カンファレンスのパワーバランスは、「西高東低」と呼ばれて久しい。そして今シーズン、そのバランスはさらに大きく西へと傾きそうだ。

 ポール・ピアース(SF)がワシントン・ウィザーズからロサンゼルス・クリッパーズへ、デロン・ウィリアムス(PG)はブルックリン・ネッツからダラス・マーベリックスへ、そして、ロイ・ヒバート(C)もインディアナ・ペイサーズからロサンゼルス・レイカーズへと移籍した。また、そのほかにも多くの主力級選手が東から西に主戦場を変えている。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 その結果、9月末に発表されたESPNのパワーランキングでは、2位にクリーブランド・キャバリアーズ、9位にアトランタ・ホークス、10位にマイアミ・ヒートが入ったものの、トップ10の残りすべてがウェスタン所属のチームとなっている。