2015.10.30

【NBA】大ブレイクから3年。J・リンが見つけた真の居場所

  • 宮地陽子●文 text by Miyaji Yoko  photo by AFLO

 ジェレミー・リン(PG)は、ついに、探していた居場所を見つけたのだろうか――。

 今シーズンからシャーロット・ホーネッツに加わったリンは、プレシーズン6試合に出場し、平均25.2分でフィールドゴール成功率56.6%、15.3得点、3.8アシスト、4.3リバウンドを記録した。プレシーズンの成績だけで評価するわけにはいかないとはいえ、チームの成績も7勝1敗と、順調な仕上がりを見せている。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

コートで笑い合うジェレミー・リン(左)とケンバ・ウォーカー(左) オーナーのマイケル・ジョーダンは、中国遠征中の取材で、「ジェレミー・リンの獲得は、私たちにとって(この夏)一番の補強だったと思う」と称賛。コーチやチームのシステムとの相性もいいようで、リン自身も、「自分に合ったシステムで、楽しくできている」と、昨シーズンはほとんど見せなかったような笑顔で開幕を迎えた。

 2012年、当時リンが解雇直前だったニューヨーク・ニックスで突然、スーパースター級の活躍を見せ、世界中を興奮させた”リンサニティ(リン旋風)”の狂騒から、3年余りの月日が経った――。その間にリンは、ヒューストン・ロケッツで2シーズン、ロサンゼルス・レイカーズで1シーズンを過ごしてきたが、かつてのような輝きを取り戻せずにいる。年に数回、思い出したかのようにリンサニティ時代のような活躍を見せるものの、調子の波が激しくて続かず、全体的には持ち味を出せずに苦労していることのほうが多かった。