2021.10.28

ホンダNSX-GTは一発の速さだけじゃない。スーパーGTオートポリスで14年ぶり頂上奪還

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 10月23日・24日に大分県で行なわれたスーパーGT第6戦。2年ぶりの開催となったオートポリスの舞台で、主役の座に立ったのはホンダNSX-GTだった。

 ここ数年、ホンダは目を見張るような快進撃を続けており、昨年はシリーズチャンピオンを獲得。今年もトヨタGRスープラや日産GT-Rの反撃に対し、王者の貫禄で互角に張り合っている。

 しかし、過去のデータを見てみると、ホンダがこのオートポリスで最後に優勝したのは14年前の2007年(伊藤大輔/ラルフ・ファーマン組/ARTA NSX)。久しく同地での勝利から遠ざかっていた。

オートポリスで盤石のレースを披露したナンバー8のARTA NSX-GTオートポリスで盤石のレースを披露したナンバー8のARTA NSX-GT この記事に関連する写真を見る  ただ、ホンダ勢がオートポリスを不得意にしていたわけではない。ミッドシップレイアウトのNSX-GTで戦っていた頃から速さはライバルに負けておらず、2017年から2019年まで3年連続でポールポジションを獲得。決勝でも表彰台を獲得するなど、上位争いに絡む走りは見せていた。

 ホンダは昨年からNSX-GT をFR化したため、今回のオートポリスは新型マシンでの初レースとなる。果たしてFRマシンのNSX-GTは、オートポリスでどんなレースを見せたのか。

 いざフタを開けてみると、予選では笹原右京/大湯都史樹組のRed Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(ナンバー16)がポールポジションを獲得。4台がQ2に進出するなど、一発の速さでホンダが周囲を圧倒した。さらには決勝でも、野尻智紀/福住仁嶺組のARTA NSX-GT(ナンバー8)が安定した走りを見せ、2番手以下に28秒もの大差をつけて今季初優勝。大分でホンダ勢14年ぶりの優勝を成し遂げた。

 一方、ランキングトップにつける山本尚貴/牧野任祐組のSTANLEY NSX-GT(ナンバー1)も、100kgのサクセスウェイトを背負いながら予選13番手から順位を上げて6位でフィニッシュ。ドライバーズランキングでトップを独走する山本は、早くもチャンピオン獲得に王手をかけた。