2019.01.31

役者が出そろってきた3歳牡馬戦線。
クラシックの主役はどの馬だ?

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

2019年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牡馬編:第2弾)

牝馬編はこちら>>

 昨年末に行なわれた2歳牡馬によるふたつの頂上決戦。GI朝日杯フューチュリティS(12月16日/阪神・芝1600m)はアドマイヤマーズ(牡3歳/父ダイワメジャー)が快勝し、GIホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)はサートゥルナーリア(牡3歳/父ロードカナロア)が勝利した。

GI朝日杯FSを快勝したアドマイヤマーズ アドマイヤマーズはデビュー以来4戦全勝で、サートゥルナーリアも無傷の3連勝でGIを制して、それぞれ今春のクラシックの有力候補に躍り出たと言える。

 一方、年が明けてからのふたつの重賞では、新興勢力の台頭が見られた。GIIIシンザン記念(1月6日/京都・芝1600m)ではヴァルディゼールが、GIII京成杯(1月14日/中山・芝2000m)ではラストドラフト(牡3歳/父ノヴェリスト)が、ともに新馬勝ちからの連勝で見事な勝利を飾ったのだ。

 そうして、今週末に関西でGIIIきさらぎ賞(2月3日/京都・芝1800m)、次週は関東でGIII共同通信杯(2月10日/東京・芝1800m)と、クラシックへの登竜門となる注目のレースが開催される。春の大一番へ向けて、いよいよ役者が出そろいつつある状況だ。

 こうした現状を踏まえて、現時点における3歳牡馬の『Sportivaオリジナル番付()』をここで発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今春のクラシックを目指す3歳牡馬の、現時点における実力・能力を分析しランク付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。