2019.02.01

歴史が示す。東京新聞杯の
穴馬キーワードは4歳馬、上がり馬、GI馬

  • text by Sportiva
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 GIII東京新聞杯(東京・芝1600m)が2月3日に行なわれる。

 GI安田記念(東京・芝1600m)と同じ舞台ということもあって、例年、活気あふれる明け4歳馬や上がり馬がこぞって参戦してくる。そして今年も、タワーオブロンドン(牡4歳)、インディチャンプ(牡4歳)、レイエンダ(牡4歳)など、古馬になって本格化しそうな素質ある明け4歳馬たちが人気の中心になりそうだ。

 実際、そうした明け4歳馬たちは、このレースで猛威をふるっている。たとえばここ2年は、ともに明け4歳馬たちが1~3着までを独占しているのだ。しかも今年は「明け4歳馬が強い」と評判ゆえ、この傾向にますます拍車がかかりそうな雰囲気にある。

 とはいえ、人気どおりには決まらないのが、このレースの特徴でもある。過去10年で1番人気の勝利はなく、3連単はすべて万馬券となっている。

“大荒れ”となるケースも多く、2009年には5番人気のアブソリュートが1着、15番人気のキャプテンベガが2着、9番人気のスマイルジャックが3着に入って、3連単は88万8960円の高額配当となった。

 さらに、2016年も5番人気のスマートレイアーが勝利し、2着に6番人気のエキストラエンド、3着に11番人気のマイネルアウラートが突っ込んできて、3連単の配当は35万円超えとなった。

 これらの結果から、東京新聞杯は波乱の起きやすいレースとも言える。ならば、今年も荒れることを想定し、過去10年の戦績をヒントにして、今回のレースで激走が期待できる”穴馬”を探してみたい。