2022.05.12

女子ツアー序盤戦を永久シードプロが分析。今季も躍動する実力者6名は「ここが変わった」

  • 古屋雅章●取材・構成 text by Furuya Masaaki
  • photo by Getty Images

森口祐子プロが徹底解剖
シーズン序盤で躍動する注目選手(後編)

前編はこちら>>

この記事に関連する写真を見る 西村優菜(にしむら・ゆな)
2000年8月4日生まれ。大阪府出身。身長150cm。血液型O型。
ツアー通算4勝。2022年シーズン最高位2位タイ。トップ10入り5回。
メルセデスランキング5位。賞金ランキング6位(獲得賞金3113万7961円)。
※成績などの数字は2022年5月10日現在(以下同)

「今シーズンの西村さんは、顔つきが違います。ラウンド中の笑顔に変わりはないのですが、自らが納得できないプレーをした時やミスをした時など、昨季(2020-2021シーズン)までは見られなかった厳しい表情を見せるな、と感じています。その表情からは、もう一段階追い込んで、さらに上を目指そうと思っているのだろうな、という気持ちがうかがえます。

 表情と言えば、ふだんの笑顔のイメージから、彼女は細かいことを気にしないタイプに見えるかもしれません。でも、ナショナルチームのメンバーだったアマチュアの頃から彼女を見ている人に話を聞くと、練習ラウンドでのコース情報の収集は綿密で、ヤーデージブックへの書き込みの入念さは『宮里藍さん以上じゃないか』と言われているらしいです。

 すべてのスタッツで高い成績を残していますし、ボギーが少ないというのは、情報収集に基づいたセーフティゾーンの把握といった、マネジメントがしっかりできている証拠。昨シーズンは賞金ランキングも、平均ストロークも5位でしたから、今季はより上を目指していて、賞金女王も視野に入っているのかもしれませんね」