2022.05.12

今季女子ツアー序盤戦で大躍進の6人。永久シードプロが解析する彼女たちの「強さの秘密」

  • 古屋雅章●取材・構成 text by Furuya Masaaki
  • photo by Getty Images

森口祐子プロが徹底解剖
シーズン序盤で躍動する注目選手(前編)

2022年シーズンも多彩なタレントたちがハイレベルな戦いを繰り広げている女子ツアー。序盤戦から悲願のツアー初優勝を遂げるヒロインたちが続々と登場するなどして、例年と違わぬ盛り上がりを見せている。そんなシーズン序盤に躍動し、今季ツアーでの活躍が見込まれる選手たちの"特長"や"強さの秘密"などについて、永久シードの森口祐子プロに分析してもらった――。


この記事に関連する写真を見る 西郷真央(さいごう・まお)
2001年10月8日生まれ。千葉県出身。身長158cm。血液型AB型。
ツアー通算4勝。2022年シーズン優勝4回。トップ10入り7回。
メルセデスランキング1位。賞金ランキング1位(獲得賞金8136万円)。
※成績などの数字は2022年5月10日現在(以下同)

「今季の西郷さんの好調の理由を言葉で表現すると、"待てる"ようになったというのが一番かなと思います。

 いいところまでいくけど、なかなか勝てなかった昨シーズン(2020-2021シーズン)は(勝ちたい)気持ちが"待てず"に前のめりになってしまい、試合の佳境となる勝負どころでのショットで上半身の力が抜けきらず、2~3m飛びすぎてしまうことがありました。それが、今シーズンは"待てる"ようになって、大きなミスが減りました。

 その"待てる"ことが顕著に表れているのは、歩き方。テンポがとてもいいです。そう見えるのは、体幹とか、体軸とかが安定しているから。そのため、アドレスに入る時にもストンとハマって、ショットにおける打ち急ぎがありません。上半身の力がうまく抜けて、下半身とのバランスがよく、そのスイングはとても滑らかです。

 この一連の流れが"待てる"という印象を(見る側に)与えているのです。シーズンオフにパッティングの練習を重ねて、今季はパットが入っていること(平均パット数〈1ラウンドあたり〉=昨季59位→今季34位)も、それ以前のプレーで"待てる"ようになった要因のひとつだと思います」