2022.01.05

無名の女子高生が渋野日向子らとプレーオフ。女子ツアーに現れた「大器」佐藤心結は歴戦のプロをしのぐ飛距離が武器

  • 柳川悠二●取材・構成 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

Sportiva注目アスリート「2022年の顔」
第5回:佐藤心結(ゴルフ)
決意表明インタビュー(前編)

(第4回:富永啓生(バスケットボール)日本バスケの救世主>>)

スポルティーバが今年とくに注目するアスリートたち。その才能でどんな輝かしい活躍を見せてくれるのか。「2022年の顔」と題して紹介する。

※           ※           ※

この記事に関連する写真を見る  女子ツアーの2022年シーズンからプロとして本格デビューを果たす注目選手と言えば、昨年10月のスタンレーレディスでアマチュアながら渋野日向子らと優勝を争った佐藤心結(さとう・みゆ)だ。プレーオフの末、惜しくも2位タイに敗れたが、その後のプロテストで一発合格。ファイナルQTでも11位という成績を残して、今季前半戦の出場権を得た。

 彼女の最大の武器は、スタンレーレディスのドライビングディスタンス部門でも名だたるプロを抑えて1位に輝いた飛距離。世界でも戦える「大器」として期待される彼女に、プロツアーデビューへの意気込みを語ってもらった――。

――プロのトーナメントにおいては、昨年10月のスタンレーレディスが初めて予選突破を果たした試合だったんですよね。

「はい。高校2年生の頃からプロのトーナメントにも出場するようになって、(昨年の)スタンレーレディスが4戦目の出場でした。

 前の週に行なわれた日本女子オープンでは予選落ちしてしまって、その翌日に(師事する)三觜喜一(みつはし・よしかず)コーチとラウンドする機会があって、そこでショットやパッティングのチェックをしていただきました。その際、(三觜コーチが)『悪いところはない』と言ってくださって、気持ちがラクになったというか、リラックスできました。それが、スタンレーレディスでの好結果につながったと思います」

――スタンレーレディスでは、その三觜コーチがキャディーを務めていました。それも、心強かったのではないですか。

「プロの大会はアマチュアの大会とは雰囲気が違いますし、(これまでは)私がそこにいると"場違い"に感じてしまう部分が正直あったんです。(自分に)自信がなかったのでしょう。

 それで(スタンレーレディスでは)三觜コーチに初めてキャディーをお願いして、ふだんと同じような感覚でラウンドができました。三觜コーチの存在は大きかったです」