2022.01.02

渋野日向子の米ツアーでの可能性を村口史子プロが分析。「彼女の最大の武器が再び輝き出した」

  • 柳川悠二●構成 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Kyodo News

2021年12月に行なわれた最終予選会に出場し、今季米女子ツアーの出場権を獲得した渋野日向子。いよいよ戦いの舞台を"世界"に移す渋野の可能性について、村口史子プロに話を聞いた――。

今季から米ツアーに挑む渋野日向子今季から米ツアーに挑む渋野日向子 この記事に関連する写真を見る  2021年の師走、渋野日向子選手は米女子ツアー2022年シーズンの出場権をかけた最終予選会(Qシリーズ)に参戦。見事にツアーカードを手にして、今季はアメリカを主戦場として戦うことになりました。

 計8日間144ホールにわたる長丁場の最終予選会では、1週目の第1ラウンドで2オーバー、81位タイと出遅れ。2週目の第3ラウンドでは、その日だけで7オーバーの大叩き。ファンの方々は気が気でなかったのではないでしょうか。

 それでも、最終ラウンドで復調し、最終的に20位という結果を残して予選会を突破。「よく耐えたな」というのが、率直な感想です。

 最終日の彼女のプレーからは、何が何でも米ツアーの出場権を手にするんだ、という強い気持ちが伝わってきました。心が折れそうになっても、その気持ちだけは失うことなく、目の前の一打に集中していたと思います。

 こうして、渋野選手が最後に"らしさ"を貫くことができたのは、一昨年から取り組んできたスイング改造が今、ようやく"馴染んできた"からではないでしょうか。よく振れていますし、自分の武器になりつつありますからね。実際、日本ツアーでは2年ぶりの優勝を果たしました。

 ただ、振り返ってみれば、2021年も渋野選手にとっては試行錯誤の一年だったように思います。ドライバーをはじめとするショットに関しては、飛距離よりも正確性を重視したスイングへの改造に取り組み、ショートゲームに関してもアプローチのバリエーションを増やす努力をしていましたが、シーズン当初はなかなか結果が出ませんでしたからね。