2020.06.22

安田祐香、NEXTブレイク候補筆頭。
坂田塾出身「8か条は破っていません」

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

2020年女子ツアー「期待の新星」
安田祐香インタビュー(前編)

後編はこちら>>

7歳でゴルフを始め、高校2年生の時に日本女子アマチュア選手権で優勝。その後も、国内外、さらにはプロアマ問わず、数々の大会で好成績を残してきた安田祐香。昨年のプロテストに合格し、今季からツアー本格参戦を果たす。「大物ルーキー」として注目を集める、彼女の内面に迫る――。

――まずは、ゴルフを始めたきっかけから教えてください。

「最初は父、母、姉が練習場に通っていて、私は見学していただけだったんですけど、『私もやってみたいな』と思って、親にお願いしたのが、ゴルフを始めたきっかけです」

――練習は楽しかったですか。

「最初の頃は週3回くらい、父と一緒に練習場に通っていたんです。ずっとふたりだったので、やっぱり親子ということもあって、時にはモメたり、ちょっと『嫌だなあ』と思ったこともありましたね(苦笑)」

――小学校3年生の時ですか、古閑美保プロや上田桃子プロをはじめ、数多くのプロゴルファーを輩出している『坂田ジュニアゴルフ塾』(神戸校)への入塾が許可されたそうですね。

「坂田塾に入ってからは、毎日練習するようになったんですけど、ずっと楽しかったです。塾生は、日々の練習場でのボール代や、ゴルフ場のプレー代などが無料なんです。