安田祐香、NEXTブレイク候補筆頭。
坂田塾出身「8か条は破っていません」

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

――今季ツアーがついに再開。プロデビュー戦となるアース・モンダミンカップ(6月25日~28日/千葉県)がまもなく始まります。ここまで、とくに力を入れてきたことは何でしょうか。

「体幹を鍛えるトレーニングは、毎日やっています。あと、腰周りの筋肉をつけてケガをしないようにして、練習を多くこなせる体作りを目指しています。瞬発系のトレーニングも増やしていて、ドライバーの平均キャリーを、220ヤードから230ヤードに伸ばすことが目標です」

――プロデビューを目前に控えて、期待と不安、どちらが大きいですか?

「不安もあるんですけど、ワクワクのほうが大きいです。1試合1試合楽しみたいですね。なるべく早く1勝を挙げたいと思っています。まずは、初戦から予選を通過して、安定してプレーすること。そうすれば、自然と優勝争いもできるかなと」

――目標とする選手を教えてください。

「現役は引退されていますが、宮里藍さんです。プレーだけじゃなく、インタビューの受け答えなども見て『すごいな』と、いつも憧れていました。どんな質問に対しても、絶対にネガティブな発言をせず、聞く人の心に響く答えが必ず返ってくる。

 私も、そんな宮里藍さんのように、誰かに影響を与えることができる選手、小さい子たちに『こういう選手になりたい』と思ってもらえるような選手になりたいです」

(つづく)

安田祐香(やすだ・ゆうか)
2000年12月24日生まれ。兵庫県出身。身長163cm。血液型O。2017年に日本女子アマを制覇。国内外のプロのトーナメントでも活躍し、何度となくローアマを獲得してきた。昨年、プロテストに合格。QTで2位という結果を残して、今季からツアー本格参戦を果たす。

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る