2018.09.25

堀奈津佳は今…。「比嘉真美子の
活躍が励み。私ももう一度勝ちたい」

  • 金明昱●取材・文 text by Kim Myung-Wook
  • photo by Getty Images

 堀奈津佳(26歳)は今、どうしているのだろうか?――と、ふと思い出すときがある。

 プロ3年目の2013年にツアー2勝を飾って一躍ブレイクしたが、ツアー通算3勝目を目指した2014年以降は、低迷の一途をたどっていった。

 2014年は賞金ランキング44位となって、どうにかシード権を確保したものの、翌2015年には30試合に出場して、23試合で予選落ち(プラス1試合で途中棄権)。シードを喪失し、同年のファイナルQT()でも99位に終わって、2016年のツアー出場権を逃した。
※クォリファイングトーナメント。ファースト、セカンド、サード、ファイナルという順に行なわれる、ツアーの出場資格を得るためのトーナメント。現在はファイナルQTで40位前後の成績を収めれば、翌年ツアーの『リランキング』までの大半の試合には出場できる。

 そして、2016年は推薦出場の8試合すべてで予選落ちを喫した。続く2017年も8試合に出場したが、一度も予選を突破することができず、2年連続で獲得賞金ゼロという屈辱を味わった。

 迎えた今季、QTランキング237位という立場にあって、出場試合は下部ツアーのステップ・アップ・ツアーでも限られた状況にある。無論、レギュラーツアーの出場権はない。

 それでも今季、大会主催者から推薦を受けて、ここまで7試合に出場。4月のスタジオアリス女子オープンでは、久しぶりに予選を突破して59位と結果を残したが、他の6試合は予選落ちという憂き目にあっている。

「復活」を目指して、懸命に戦いを続けている堀奈津佳 再びスポットライトを浴びる日は、はたして来るのか。堀は今、きっともどかしい日々を過ごしているに違いない――と、勝手な想像を膨らませていたが、予想に反して、彼女の声は意外にも明るかった。