2018.09.24

疑問符の改善に選手もすっきり納得。
PGAツアーがさらに面白くなる

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 今季のPGAツアー最終戦となるツアー選手権(9月20日~23日/ジョージア州アトランタ、イーストレイクGC)では、賞金1000万ドル(約11億円)のボーナスが得られる年間総合優勝へ向けて、熱戦が繰り広げられたが、来年からはこの戦いの方式が大きく変わることになる。そして、ボーナスが1500万ドルに増額されることも決まった。

PGAツアーの改革を進めるジェイ・モナハンコミッショナー 厳密に言えば、今年まではツアー選手権の勝者と年間総合優勝と、2つのチャンピオンを争う戦いが行なわれていたことになる。ツアー選手権を制した瞬間に、必ず年間王者にもなれるのは、ツアー選手権前にリセットされたポイント上位5名の選手だけだからだ。ポイント6位以下の選手は、たとえツアー選手権で優勝を飾っても、上位選手の成績によっては年間王者にはなれないことがある。

 例えば昨年は、ポイント26位で最終戦を迎えたザンダー・シャウフェレ(アメリカ)がツアー選手権を制したが、総合優勝を飾ったのは、ジャスティン・トーマス(アメリカ)だった。ポイント2位のジャスティン・トーマスはツアー選手権を2位でフィニッシュ。7位に終わったポイント1位のジョーダン・スピース(アメリカ)を逆転して、年間王者の座に就いてボーナス1000万ドルを手にした。