2018.09.22

【木村和久連載】ゴルフは
「紳士なスポーツ」なのに、なぜキレる?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第172回

 長いゴルフ人生、いろんな出来事がありますなぁ~。

 この冷静沈着で温厚な私でさえ、キレて、パニックになることがあるんですよね。

 前のホールまで和気あいあいの楽しい”友だちゴルフ”をしていたのに、次のホールに向かったら、そこには”地獄の黙示録”が待っていた――そんな感じですかね。

 キレた内容はあとで記すとして、ゴルフでキレるメカニズムを解明したいと思います……って、大げさですなぁ。

 物事の、キレるすべての要因は、突発性に予想外の出来事が起こる、あるいは同じ作業や問答を延々と繰り返すなど、いくつかの要因があります。そして、キレるときのリアクションも人それぞれ。まずはそんな、さまざまあるパターンを紹介していきましょう。

(1)典型的なブチギレ
 自ら大叩きして、パターを地面にぶつけて折ってしまうとか。あるいは、3回連続で池ポチャして、アイアンを池に放り投げてしまうとか、人によってはそうした武勇伝は尽きないかもしれません。

ブチキレて、クラブを池に放り投げるのは、さすがにやめたほうがいいかも... プロ野球でも、ノックアウトされたピッチャーがダッグアウトに戻って、グラブを叩きつけたり、ベンチを蹴っ飛ばしたりする様が、テレビの試合中継でよく見られますよね。さらにひどいと、ダッグアウト内の壁に右ストレートをお見舞いして自爆し、しばらく試合に出られなくなる……なんてこともあったりします。

 要するに、自分のミスでパニックに陥ったのに、その腹いせを、物や人に八つ当たりするんですな。