2018.09.27

今季を振り返る松山英樹の胸中。
来季に向け「今までにないオフを送る」

  • text by Sportiva
  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reiko

 フェデックスカップ・プレーオフ第4戦、今季(2017-2018シーズン)PGAツアーの最終戦となるツアー選手権(9月20日~23日/ジョージア州)は、タイガー・ウッズ(アメリカ)が5年ぶりのツアー優勝を飾って、節目となるツアー通算80勝目を挙げた。このゴルフ界を代表する”スーパースター”の復活劇には、地元アメリカはもちろんのこと、世界中が熱狂した。

 その喧騒のなか、30名のトッププロだけで争われる今大会に、5年連続で駒を進めてきた日本期待の松山英樹も奮闘した。最終日に「65」をマーク。4日間通算6アンダー、4位タイでフィニッシュした。

「(最終日は)まあ、よかったかなと思います。このコースで5アンダーはうれしいですし。今日は(4日間で)一番安定していました。(唯一のボギーを喫した)17番のティーショットで、今日のいい思いをぶち壊してしまったのですが、最後にバーディーで終われたのはよかった」

今季最終戦では4位タイという結果を残した松山英樹。photo by Getty Images 初日は、3バーディー、5ボギーの「72」と2オーバー。首位と7打差の25位タイと出遅れた。

「(出だしで連続ボギー)まあ、状態があまりよくなかったんで『こんなもんだろうな』と思ってやっていたら、そのあと(連続バーディーを奪って)うまくプレーできたんで、アンダーパーで回れるかと思ったんですけど……仕方がないですね。