2018.02.01

【木村和久連載】シニアゴルファー
「俺も昔は飛んでいた」問題の深層

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第140回

 ちょっと前の話ですが、とあるコンペで「昔はすごく飛んでいた~」と毎ホール、ぼやくオジさんに遭遇しました。これでもかっていうぐらい昔を懐かしみ、嘆く姿は、あまりにも面白すぎて……。

 今回は、その詳細をレポートし、飛ばないなりの”謙虚なシニアゴルフ像”も探ってみたいと思います。

“昔は飛んでいたオヤジ”は、まず年齢不詳です。おそらく70歳前後だと思いますが、聞いても教えてくれませんでした。

 ラウンド前、一緒の組になった面々がそれぞれ挨拶をかわしてスタートしますが、そのオヤジはそこで、自らの”取扱説明書”的なコメントをこう付け加えました。

「(自分の)動きが遅く、みなさんに迷惑をかけるかもしれませんが、よろしくお願いいたします」と。

 マナーはしっかりしていて、昔からきっちりとゴルフをやってきたことがうかがえます。

 いざプレーが始まると、さすが言うだけあるわぁ~。そのオヤジは、本当にものすごく動きが遅いのです。

 ボールのところまではスタスタと歩いていきますが、そこから素振りのテークバックが超スローで、しかもトップ手前で腕が上がらず、フリーズしてしまうのです。その遅さを例えて言うなら、約20年前の『Windows95』の起動ぐらいでしょうか。

 素振りがそれですから、本チャンのスイングは『Windows98』くらいかな~……って、大して違いはありません。

 とにかく、スイッチが入って起動するまでが、恐ろしく遅いのです。でも、最初に「遅い」って言われましたから、これは優しく見守るしかないです。