2016.07.28

全英女子オープン、岡本綾子が
優勝した舞台で日本勢に膨らむ期待

  • 武川玲子●文 text by Takekawa Reiko
  • photo by Getty Images

 今季の女子メジャー第4戦、全英リコー女子オープン(7月28日~31日/イングランド)が開幕した。

 今年はロンドンから北へ車で1時間半ほどの、ウォバーンGCのマーキーコースで開催される。最近はあまり聞かないコースだが、同クラブが舞台となるのは今年で10回目。ウォバーンGCには3つのコースがあって、過去9回はデュークコースで行なわれてきた。

 1976年から始まった同トーナメント。2001年からメジャー大会となったが、それまでは欧州ツアーの1戦として行なわれてきた。メジャーになる前、1984年大会では岡本綾子が優勝している。そのときの舞台が、ウォバーンGCだった。

 今年のマーキーコースは、2000年にオープンしたアメリカンタイプ。丘陵地でアップダウンが激しく、背の高い松や樫の木でコースがセパレートされている。メジャー大会となってからは、セントアンドリュースやターンベリーなど、”全英らしい”風の強いリンクスコースで行なわれてきたが、今年は例年とは趣の違った全英女子オープンとなりそうだ。

 日本勢は今年、米ツアー組から宮里藍(31歳)、横峯さくら(30歳)、宮里美香(26歳)、野村敏京(23歳)、そして日本ツアー組からは西山ゆかり(34歳)、上田桃子(30歳)、鈴木愛(22歳)、柏原明日架(20歳)と、総勢8人が出場する。


初のメジャー制覇が期待される野村敏京 なかでも注目されるのは、やはり日本代表としてリオデジャネイロ五輪(8月18日~21日/ブラジル)に出場する野村。今季はツアー2勝を挙げ、賞金ランク7位と絶好調だ。