2016.07.28

韓国ツアーのインタビューで
思わず「日本語で答えた」イ・ボミ

  • 金明昱●文 text by Kim Myung-Wook
  • photo by Yonhap/AFLO

女王イ・ボミ、新たなるチャレンジ(後編)

韓国でリフレッシュして後半戦に挑むイ・ボミ前編はこちら>>

 イ・ボミ(27歳/韓国)のリオ五輪出場という目標は、日本ツアーの賞金女王獲得と同じく、一昨年亡くなられた父ソクチュさんとかわした約束でもあった。ゆえに、それを実現できずに終わったあと、いろいろな思いが駆け巡ったという。

「父と約束した日々を思い出したりもしましたね……。(五輪ランキングが確定する)全米女子オープン(7月7日~10日/カリフォルニア州)を前にして、韓国選手の中での世界ランキングは7番目だったので、リオ五輪に出場するためにはそこで優勝でもしないと無理なのはわかっていました。その可能性は本当に小さくて、大きな賭けでした。でも、可能性がある限り、最後まで挑戦することはすごく大事ですから、そういう意味ではまたひとつ成長できたのかな、と思っています」

 また、かつて「韓国の選手にとって、”五輪”はどのような舞台なのか」という話を聞いたことがある。改めてそのことを問うと、イ・ボミは「韓国のスポーツ選手にとって、五輪という舞台に立つことはとてつもなく大きな”栄誉”」だと言って、自らの思いを代表となった選手たちに託した。

「どの種目でも、韓国の選手たちは”国を代表する”という思いが強く、そのことに大きな誇りを感じています。今回(女子ゴルフの)代表の座を勝ち取った選手、朴仁妃選手(28歳)、キム・セヨン選手(23歳)、エイミー・ヤン選手(27歳)、チョン・インジ選手(21歳)もそうです。皆、強いメンタルを持っていますし、ブラジルのコースにもすぐに対応できると思います」