2016.07.27

リオ五輪出場を逃したイ・ボミ。
韓国のカルビ店で語った「真相」

  • 金明昱●文 text by Kim Myung-Wook
  • photo by Kyodo News

女王イ・ボミ、新たなるチャレンジ(前編)

"女王"がようやく日本に戻ってくる。

 イ・ボミ(27歳/韓国)が、まもなく開幕する大東建託・いい部屋ネットレディス(7月29日~31日/山梨県)からツアーに復帰。彼女が日本のファンの前に姿を見せるのは、およそ1カ月ぶりのこととなる。

全米女子オープンは予選落ちに終わったイ・ボミ 6月のアース・モンダミンカップで今季2勝目を挙げたあと、日本を離れたイ・ボミは、海外メジャー第3戦の全米女子オープン(7月7日~10日/カリフォルニア州)に出場。リオデジャネイロ五輪の韓国代表入りへ、最後の望みをかけて挑んだ。

 だが、その大一番であえなく予選落ち。日本での安定感は完全に影を潜め、初日は後半のアウトだけで5つもボギーを叩くなど、まるで別人がプレーしているかのよう。それぐらい、絶不調だった。それこそ、「イ・ボミの身に何かあったのでは?」と心配してしまうほどに、だ。

 なにしろ、今季も日本ツアーでは出場12試合、すべてトップ10入り。開幕戦のダイキンオーキッドレディス(6位)以外は全部5位以内という、驚異的な成績を残してきた。そんな彼女が、全米女子オープンでは2日間連続でオーバーパーを記録し、リオ五輪出場という夢に近づくことさえできなかったのだ。

 何かあったのか――同じような不安を抱いたファンは少なくないはずである。ゆえに、その真相を探るため、全米女子オープンのあと、韓国の女子ツアーに参戦するというイ・ボミを追って、韓国へ飛んだ。