2016.05.29

世界トップを知るマキロイが言う「スピースを最も苦しめるもの」

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 テキサス州ダラス市内のTPCフォー・シーズンズ・リゾートで開催されたAT&Tバイロン・ネルソン選手権(5月19日~22日/テキサス州)。観戦に訪れた地元ファンの期待は、会場近くで生まれ育ったジョーダン・スピース(22歳/アメリカ)の優勝だったが、残念ながらそれは叶わなかった。

地元開催のトーナメントで優勝を狙ったスピースだったが...... 初日からの3日間は、ショットの調子が悪い状況にあっても、パットが冴えて上位をキープできていたスピース。3日目を終えて、首位のブルックス・ケプカ(26歳/アメリカ)とは2打差の2位と優勝のチャンスは十分にあったが、最終日はショットが不安定なうえ、得意のパットまで決まらなかった。

 最終日、フェアウェーをとらえたのは、たったの5回。グリーンにパーオンできたのも9回と、わずか50%の確率だった。前日まで決まっていたパットも、合計31パットと散々な出来。結果、「74」を叩いて通算10アンダー、18位タイに終わった。

 ラウンド後、スピースは厳しい表情を浮かべてこう語った。

「とにかく、何もかもが”オフ”だった。まったく流れに乗れないひどいラウンド。せっかくホームタウンで勝てるチャンスだったのに……」

 自らも地元での優勝を願っていたスピース。不甲斐ない結果に苛立ちを隠せないのも当然だった。スピースは言う。

「子どもの頃、父とフェンスを乗り越えて見に来たトーナメントだ。ここでゴルフが好きになった」

 さらに、16歳のスピースがアマチュアでPGAツアーに初めて出場したのも、2010年のこの大会だった。それは、ほんの6年前の出来事である。時の流れとは本当に速いものだ。