2015.10.22

【木村和久連載】圧倒的な充実感! 1泊2ラウンドのススメ

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第26回

 絶好のゴルフシーズンとなり、泊まりがけで、ラウンドする方もいると思いますが、もし泊まりでプレーをするなら、1泊2ラウンドでゴルフをすることを強くお薦めします。

 根が貧乏性なんですかね、もし泊まりで1泊1ラウンドとなったとき、前の日の移動に何か意味があるのか、問いたいです。前泊した場合、ゆっくり温泉にでもつかりながら、紅葉を見て、美味しい食事をして、ゴルフ談議に花を咲かせましょうとなりますが、別に1泊2ラウンドでも、それはできますから。ゴルフって昼間やるスポーツですから、夜は暇なんです。

 前の日に宿を取って、食事をするとなると、温泉に入って食事だから、夕方5時には現地に着いておきたい。そうなると、家を出るのが、午後2時とかになるでしょう。この中途半端な出発時間が、すごくもったいないのです。前日の移動日は、何するわけでもなく、犬の散歩をちょっと長めにするぐらいで、消えてしまうのが、残念なんです。

 私が言いたいのは、日本の多くの地域で、1泊2ラウンドが可能だということです。

 日本最大級のゴルフリゾートと言えば、北海道と沖縄です。どちらも遠いですね。そんなところでも、朝から飛行機で行ってプレーできるのか? できるんです。北海道はゴルフシーズン(おおよそ4月~10月)、沖縄は通年で、スタート時間が午前と午後にわかれています。だから、午後スタートを選べば、超楽勝です。