2015.10.20

米ツアー開幕。松山英樹、石川遼、岩田寛「新シーズンへの手応え」

  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reikotext by Sportiva
  • photo by Getty Images

 2014-2015年シーズンが9月に終了した米ツアー。さらに先日、米国選抜と世界選抜によるチーム対抗戦、プレジデンツカップ(10月8日~11日/韓国)が開催されたばかりだが、新たなシーズンが早くも開幕した。

米ツアー2015-2016年シーズン開幕戦を、17位タイで終えた松山英樹。 その2015-2016年シーズン開幕初戦は、フライズコム・オープン(10月15日~18日/カリフォルニア州ナパ・シルベラードリゾート。パー72)。注目の日本人選手は、松山英樹(23歳)、石川遼(24歳)、そして今季から米ツアーに本格参戦する岩田寛(34歳)と、米ツアー出場資格を持つ3人がすべて出場した。

 松山はプレジデンツカップ、石川は日本ツアー、岩田は今季米ツアーの出場資格を争う下部ツアーのプレーオフに日本ツアーと、それぞれ最近まで試合をこなしていただけに、「新しいシーズンが始まった感覚がまったくない」と口をそろえてスタートした今大会。石川と岩田は2日目に大きくスコアを落として予選落ちを喫したが、3人の中では世界ランキング最上位(15位。※10月12日現在)の松山は、その実力どおりのプレーを見せた。松山自身、決して満足できる内容ではなかったものの、連日コンスタントにスコアを伸ばして、4日間通算10アンダー、17位タイでフィニッシュした。

 昨年、一昨年と、この開幕戦では2年連続で3位タイという結果を残してきた松山。相性のいい大会ではあるが、今年はプレジデンツカップをこなして、その開催地である韓国からの移動による疲労がかなり残っていたようだ。初日、2日目は、その影響もあってか、ミスが多かったという。