2015.10.16

【ゴルフ】「飛ばない」青木瀬令奈がシード獲得目前まできたワケ

  • 金明昱●文 text by Kim Myung-Wook
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

 2011年のプロテスト合格後、プロ5年目となる今季、初めてレギュラーツアーにフル参戦している青木瀬令奈(22歳)が奮闘している。

 メジャー大会のワールドレディスチャンピオンシップ・サロンパスカップ(5月7日~10日/茨城県)で4位タイに入るなど、ベスト10フィニッシュを3回マーク。まだまだ予断を許さない状況ではあるが、賞金ランキング47位(10月15日現在)につけて、初の賞金シード獲得(50位以内)が目前に迫ってきた。

初の賞金シード獲得を目指す青木瀬令奈。 青木はこれまで、翌年のツアー出場権を争うQT()でなかなか結果を残せなかった。2011年はファイナルQTにさえ進めず、2012年、2013年はともにファイナルQT74位という結果にとどまった。しかし昨年、ファイナルQTで25位という好成績を残して、ついにツアーの出場資格を手にした。
※クォリファイングトーナメント。ファースト、セカンド、サード、ファイナルという順に行なわれる、ツアーの出場資格を得るためのトーナメント。ファイナルQTで40位前後の成績を収めれば、翌年ツアーの大半は出場できる。

 青木が、昨年のファイナルQTを振り返る。

「今はすごく調子が上がってきていますが、昨年のQTはよく通過したな、って思います(笑)。飛距離がまったく出なくて、調子が悪い最中でしたから。それで、よくシードを勝ち取ったな、と」