久野美咲が鈴木央との対談で明かしたアニメ『ライジングインパクト』制作の裏側 主人公の「勝ちたい」気持ちを表現すべく共演者と徹底討論

  • 佐藤主祥●取材・文 text by Sato Kazuyoshi
  • 村上庄吾●撮影 photo by Murakami Shogo

『ライジングインパクト』鈴木央×久野美咲 対談(後編)

 6月22日からNetflixにて、『ライジングインパクト』シーズン1全12話の一挙独占配信が開始された。同作は、大人気シリーズ『七つの大罪』『黙示録の四騎士』で知られる鈴木央によって、1998年から2002年の間で『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載された人気作。連載開始から25年以上の時を経て、待望のアニメ化。8月6日にはシーズン2(全14話)の配信が決まっている。

 原作者の鈴木央とガウェイン役を演じた声優・久野美咲による対談後編では、主人公の性格や生き方から垣間見える凄みやアフレコ中に起きた"ある事件"、アニメ作品に対する熱い想いやメッセージを届けてもらった。

主演のガウェイン役を務めた声優・久野美咲 photo by Murakami Shogoこの記事に関連する写真を見る>>前編はコチラ

【主人公の核を形成したふたつの"まっすぐ"】

ーー『ライジングインパクト』は普段聞きなれないゴルフ用語が出てきても、わかりやすい解説が織り込まれているのも印象的な作品だと感じます。そのあたりも意識して描かれていたのですか?

鈴木:いえ、むしろほとんど意識はしていませんでした。というのも、連載当時は他誌でもゴルフ漫画が連載されていて、それは実際にプロゴルファーの方が技術指導と監修を務めている本格派の作品でしたので、僕はそういう方向では描けないなと。少年誌ってある種、内容がぶっ飛んでいるような"とんでも漫画"を描けるのが楽しい要素だなと感じていたところもありましたから。

 でもあとになって、「なんてことを描いてしまったんだ......」と思ったことがあって。ガウェインは小さい体ながら、ショットで300ヤードを遥かに超える驚異的な飛距離を出すキャラクターなんですけど、コントロールが悪く、ほぼストレートしか打つことができない設定で描きました。ただ実際のゴルフだと、じつはまっすぐ飛ばすのがいちばん難しいんです。

久野:え、そうなんですか!?

鈴木:はい。ゴルフ素人だから気づかずに、ガウェインの「弱点」だと思って描いていたのが、逆にプロでも難しいことを簡単にやってしまう描き方になっていたという(笑)。リアルなゴルフだと、ショットを打つとどうしてもサイドスピンもかかってしまい、たとえ飛距離を出せても左右どちらかに曲がってしまうケースのほうが多いので。

久野:ガウェインはすごくまっすぐで、無邪気で、誰に対しても素直に裏表なく向き合うじゃないですか。だからまっすぐにしか飛ばせないというキャラクター性は、彼らしいなって私は思いますね。

鈴木:ありがとうございます。結果的にはよかったですね。ガウェインの性格にも合って、いい奥行きというか、普通のゴルフ漫画とはちょっと違った形になったかなと思います。

1 / 4

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る