四半世紀の時を超えアニメ化 伝説のゴルフ漫画『ライジングインパクト』を鈴木央と久野美咲が語り尽くす「僕の"厨二病心"が詰まった作品なので...」

  • 佐藤主祥●取材・文 text by Sato Kazuyoshi
  • 村上庄吾●撮影 photo by Murakami Shogo

『ライジングインパクト』鈴木央×久野美咲 対談(前編)

 6月22日からNetflixにて、『ライジングインパクト』シーズン1全12話の一挙独占配信が開始された。同作は、大人気シリーズ『七つの大罪』『黙示録の四騎士』で知られる鈴木央によって、1998年から2002年の間で『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載された人気作。連載開始から25年以上の時を経て、待望のアニメ化。8月6日にはシーズン2(全14話)の配信が決まっている。

 そして今回、原作者の鈴木央と主人公・ガウェイン役を演じた声優・久野美咲による対談が実現。漫画やアニメ制作時のことを振り返りながら、それぞれが作品やキャラクターに込めた深い想いを熱く語ってもらった。

原作者・鈴木央(左)と主演声優・久野美咲 photo by Murakami Shogoこの記事に関連する写真を見る

【ファンタジー好きの漫画家がゴルフ作品を手がけたワケ】

ーーNetflixで『ライジングインパクト』のアニメ化が決定した時のお気持ちをお聞かせください。

鈴木:はじめは「なぜ25年前の作品をいま......!?」という驚きの気持ちもありつつ、素直に嬉しかったです。僕にとって『ライジングインパクト』はいちばん最初に連載が決まった作品です。企画会議でネームを出しては落ち、出しては落ちを繰り返して、ようやく掴んだ初連載だったので、すごく感慨深かったのをいまでも覚えています。

久野:鈴木央先生とはアニメ『七つの大罪』(ホーク役)で一緒にお仕事をさせていただいていたので、央先生の初連載作品が『ライジングインパクト』ということを存じ上げていました。オーディションを受ける際に原作を読ませていただいたんですけど、本当におもしろくて! とても心がワクワクドキドキ熱くなる作品だなという印象を受けました。主人公の七海ガウェイン役として関わることができて嬉しい気持ちでいっぱいです。

ーーそもそもゴルフを題材にしようと思ったきっかけはなんだったのでしょう?

鈴木:僕は当時、ずっとファンタジーを描きたかったんです。けれど、そればかり描いていると物語の設定ばかりを頭の中で考えてしまって、キャラクターをうまく描くことができませんでした。そんななか編集部から「ファンタジーはいったん諦めて、別ジャンルにも挑戦するように」とお達しがきまして。担当の編集者から「ファンタジーはいつか描けるから、べつの日常的な、普遍的なものを描いてみよう」と提案されたんです。その企画案にパチンコや競馬など、担当の個人的趣味が混ざっていたのは気になるところでしたが......(笑)。

 もちろんその案はお断りして、学園コメディにホラーと、好きなジャンルはいくつかあったので、そのうちのどれかで企画を考えようとしていたんです。そんなときにたまたまゴルフ雑誌を手に取って読んでいたら、ゴルフの起源の説のひとつである、スコットランドの綺麗な景色が広がるコースに心惹かれて。さらにゴルフには、大きく分けてドライバー、アイアン、パターと3種類のクラブがあることを思い出したんです。

 その瞬間、"少年誌脳"が働いたといいますか、僕の中でこれらのクラブを「3つの武器」みたいな形で表現できたら面白いんじゃないかと。作中でいうドライバーが得意なガウェイン、パターが得意なランスロット・ノーマンというように、このテーマが少年誌的にもバチっとハマったというか。担当にもいい感じに受け入れてもらえました。

久野:私は元々ゴルフ自体あまり詳しくなく、ルールもよくわからなかったのですが、それでもスッと話に入り込めていたので、すごいと思いました! 作中でルールをわかりやすく説明してくれていたり、ゴルフ初心者でも入り込みやすい描かれ方で。央先生のおっしゃっている少年誌ならではのワクワクするような作風と併せて、すごく読み応えのある作品だと思います。

1 / 4

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る