渋野日向子が完全復活の予感...「新章」本格化を告げるメジャー大会連続トップ10入り

  • text by Sportiva
  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reiko

 渋野日向子、完全復活の兆しである。

 今季海外メジャー第2戦の全米女子オープン(5月30日~6月2日/ペンシルベニア州)で2位に入ると、メジャー第3戦のKPMG全米女子プロ選手権(6月20日~23日/ワシントン州)でまたも奮起。初日から上位争いに加わり、そのまま通算2アンダー、7位タイという好成績を残した。

全米女子オープン2位に続いて、全米女子プロでも7位タイと、今季メジャーで躍動している渋野日向子 photo by Getty Images全米女子オープン2位に続いて、全米女子プロでも7位タイと、今季メジャーで躍動している渋野日向子 photo by Getty Imagesこの記事に関連する写真を見る

【(コースは)狭い。どれだけ木に当たるか楽しみ】

「(コースは)日本でもなかなか見ない狭さかなと。(ドライバーは)前より自信を持って臨めると思いますけど、それにしても狭い。気持ちよくは振れないだろうし、難しいと思うから、どんな感じになるかわからない。どれだけ木に当たるか楽しみです(笑)」

 試合前にはそんな自虐的なコメントを発していた渋野だが、初日を4バーディー、2ボギーの「70」でラウンド。首位と2打差の2アンダー、4位タイと絶好のスタートを決めた。

「10番のボギーがデカかったと思います。まず、セカンド(2打目)ね。フェアウェーに出せればよかったんだけど、木に当たっちゃったって感じで。さらにサード(3打目)も。(グリーン左の池に)入れたくないっていうか、気になっちゃって。それでちょっと右に出ちゃってバンカー。もう最悪なパターンでした。ほんと、ダボ(ダブルボギー)でもおかしくないような感じだったんですけど、(ボギーでしのいで)そこからしっかり切り替えることができました。

 やっぱり1個のミスでどれだけスコアを落とすかっていう感じだったから、結構最後まで集中できていたと思いますけど。(メジャーで4日間を戦うのは)スタートがすごく大事だと思うんで、まずはそこがクリアできてよかったな、と。明日以降も、しっかり気を引き締めて頑張らないと」

 2日目も4バーディー、2ボギーとふたつスコアを伸ばした渋野。通算4アンダーとして、順位は3位タイに浮上した。

「(10番スタートから)3連続バーディー発進をして(自分でも)すごいびっくりしていたんですけど、そこからはなかなかバーディーが取りきれなくて。でも、個人的にはすごくラッキーもあった一日だったので、このスコアで終われてよかったかな、と。

1 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る