山下美夢有が圧巻の逆転劇でパリ五輪切符獲得 全米女子プロで見せた「絶対女王」の真価

  • text by Sportiva
  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reiko

 2度目の頂点に立った笹生優花、それに続く2位となった渋野日向子をはじめ、日本勢が計5人もトップ10入りを果たした全米女子オープン(5月30日~6月2日/ペンシルベニア州)から中2週、今季海外メジャー第3戦のKPMG全米女子プロ選手権(6月20日~23日/ワシントン州)でも再び日本勢が躍動。山下美夢有が2位タイで、渋野と西郷真央が7位タイでフィニッシュした。

 なかでも、圧巻だったのは山下だ。

 過去2年連続で日本ツアーの年間女王に輝いた山下は今年、積極的に公言することはなかったものの、パリ五輪出場を目標のひとつにしていたことは間違いない。それには、各国代表を決定する基準となる世界ランキングで上位に入ることが求められる。ゆえに今季は、世界ランキングのポイント配分の大きい海外メジャーにも積極的に参戦してきた。

 そうして、第1戦のジェブロン選手権で17位タイ、第2戦の全米女子オープンでも12位タイと健闘すると、第3戦となる今回の全米女子プロ選手権では、ついに世界の強者たちと優勝争いを展開。最終的に2位タイという好成績を収め、大会前には20位=古江彩佳、21位=畑岡奈紗に次ぐ22位だった世界ランキングが、大会後にはそのふたりを逆転して19位に浮上。パリ五輪日本代表2枠のうち、すでに世界ランキング上位が確定し代表権を得ていた笹生に続いて、残り1枠の代表の座を射止めたのだ。

全米女子プロ選手権で2位タイとなって、土壇場でパリ五輪切符を手にした山下美夢有 photo by Getty Images全米女子プロ選手権で2位タイとなって、土壇場でパリ五輪切符を手にした山下美夢有 photo by Getty Imagesこの記事に関連する写真を見る 今大会前も、山下はパリ五輪への意識を強く表に出すことはなかった。

「(パリ五輪に)行けたらいいなと思うんですけど、まずは(自らの)目標としているメジャーで、上位で戦いたいという気持ちがあるので、(上位で)戦えるように頑張りたい。(五輪出場は)その結果としてついてきたら......くらいですね」

1 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る