2015.09.10

【木村和久連載】大雨の日のゴルフ。みなさんはプレーします?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第20回

 今年の夏は暑かったですね。毎年どこかで猛暑の記録が塗り替えられ、地球温暖化の傾向が顕著に現れているようです。ある統計によると、東京の平均気温は20年前の宮崎とさして変わらないそうです。だから、新婚旅行に行くなら、南国・宮崎じゃなくて、都内のサマーランドとかに行けば十分......って、そういうことじゃないか。

 ともあれ、今年の夏は暑いので、ほとんどゴルフをやりませんでした。仕事で一度、埼玉の熊谷に行きましたが、マジで死にました。早朝ラウンドとはいえ、頭がボーッとして、ゴルフになりませんでしたから。

 2年前にも、8月のクソ暑い日に無理してプレーしたら、数日後、口唇ヘルペスにかかってしまいました。痛いし痒いし、半年ぐらい跡が残って大変でした。

 炎天下のゴルフは、熱中症にならなくても、自分の弱い部分の、持病みたいなものが発症しやすいんですね。しかも、当日平気でも、2、3日経ってからそれが現れたりします。ほんと、気をつけたほうがいいです。

 というわけで、年々ゴルフのベストシーズンが減少している、という話を少々。

 実は去年まで20年ぐらい、ゴルフの週刊誌で自らのラウンドリポートを執筆していました。そのときは仕事ですから、1年間、何がなんでも50ラウンドぐらいはしていました。

 雨の日も、風の日も、嵐でも、炎天下でも、東にコンペがあれば参加し、西に名コースがあれば訪れて、たとえヘボと言われようとも、文句を言わずせっせとプレーする。私はそんなゴルファーになりたい......って、『雨ニモマケズ』(宮沢賢治)ですか~。